脊柱管狭窄症の治療方法を知ろう|正しい姿勢で病気を予防

女性

血液の病気

病院

悪性リンパ腫は白血病や骨髄腫に並ぶ血液の重大な病気です。リンパ節の腫れや痛みが主な症状ですが気づく人はほとんどいません。病気が進行すると骨髄にまで癌細胞が転移するので病院で検査を受けて病気の有無を確認しましょう。

Read More...

様々な改善方法

看護師

脊柱管狭窄症の治療方法は、薬物療法や理学療法、ブロック注射です。脊柱管狭窄症の治療で最初に行なわれる薬物療法は、根本的な解決にはなりませんが、辛い痛みを解消したり血行を良くする効果があります。他の治療方法と一緒に行なえば高い治療効果を得ることができます。そして、理学療法はあまり聞き馴染みがないはずですが、温熱や電気を利用して痛みを軽減していきます。薬物療法と同じように対処療法なのでストレッチや体操を取り入れて行なうことで高い効果を発揮します。さらにブロック注射は、痛みを引き起こしている患部周辺の神経に麻酔薬を直接打ち込み、症状の緩和を目指します。血行を良くする働きがあり、継続して治療を進めていけば自然治癒力を高めることができます。また、これらの治療方法で症状が改善しない場合は手術を行ないます。手術には約6万円から20万円程の費用が発生しますが、一週間もあればお風呂にも入れるので、ダウンタイムはそこまで長引きません。しかし、手術以外の治療方法も継続的に続ける必要があるので場合によっては医療費が高くなる可能性があります。そのため、脊柱管狭窄症にならないために常日頃から自分の体を気遣ってあげると良いでしょう。脊椎のトラブルが元で発症するので、まずは正しい姿勢を心がけ、サプリを使って健康成分を取り入れましょう。さらに体操やストレッチをして筋肉のコリをほぐすことも非常に重要なので、コルセットを使いながら体に負担が掛からないように病気を予防しましょう。

ストレスを減らそう

医者

メニエール病は慢性的に緊張状態が続くと発症するリスクが高まります。基本的に薬物療法で症状が改善できますが、治らない場合は外科手術によって症状の緩和を目指します。まずはストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

Read More...

家で治療が出来る

女性

伊丹の小児科を受診するのは14歳までの子供です。しかし、子供の頃から発症している病気を治すためなら15歳以上の人が受診しても問題はありません。また、最近は在宅医療も行なっているので積極的に利用しましょう。

Read More...