脊柱管狭窄症の治療方法を知ろう|正しい姿勢で病気を予防

ドクター

血液の病気

病院

多くの人は癌と聞くと、胃がんや肺がん、乳癌を連想するでしょう。しかし、血液の癌と聞いてすぐに悪性リンパ腫を思い浮かべる人は少ないものです。血液の癌と言われる病気には悪性リンパ腫の他に白血病や骨髄腫がありますが、中でも悪性リンパ腫は羅患率が高く、再発する場合もあります。悪性リンパ腫は体の中にあるリンパ球が癌細胞に変わってしまうので完治が難しく、放射線療法や化学療法などで寛解して完治に近い状態が保てるように治療を進めていきます。このように体に悪影響を及ぼす悪性リンパ腫は、発症する原因がはっきりとは解明されておらず、悪性リンパ腫と断定できるような自覚症状もないので、治療が遅れて命を落とす人も大勢います。悪性リンパ腫の症状で多いものがリンパの腫れや痛み、しこりなどで、首や脇の下などによく症状が現れます。また、稀に原因不明の発熱や体重の減少などの症状がみられる場合があるので、リンパ節の痛みに加えてこのような症状が現れたら迷わず病院で診察を受けましょう。病院での検査方法は触診や生検などで、悪性リンパ腫の確認や病型の判断、病気の広がり度合いをしっかりと調べていきます。また、病院で行なわれる検査にはレントゲン検査もありますが、特殊な画像解析をしながら病状の変化を見ていくのでより詳しく病気の判断ができます。そして、悪性リンパ腫には普通の癌と同じように進行のステージがあります。ひどくなるとリンパ節以外の臓器や血液、さらには骨髄にまで癌細胞が転移するので、自分の体に耳を傾けながら発症しない内に検査を行ないましょう。