脊柱管狭窄症の治療方法を知ろう|正しい姿勢で病気を予防

ドクター

家で治療が出来る

女性

伊丹の小児科は、基本的に14歳までの子供が受診できる病院です。小児科で使える薬には制限があり、大人に使える薬でも14歳以下の子供に使うと効き目に差がでてくるのです。市販の薬で15歳以上から用法や用量が変わるのもこの制約が基準になっています。しかし、子供の頃から続いている喘息の治療なら15歳以上の人でも伊丹の小児科を受診できる可能性があるので、年齢だけで決めるのではなく病気の種類や年数をみて受診を判断しても良いでしょう。じつは、最近伊丹や他の地域では小児科の治療を在宅で行なっている病院があります。在宅医療は様々な病院で行なわれていますが、小児科で実施していることを知っている人は少ないでしょう。一般的に在宅医療と聞くと高齢者や体が不自由な人向けのサービスだというイメージがありますが、生まれた頃から先天的な病気を持っていて、通院が難しい子供の為の在宅医療も広く行なわれています。伊丹の小児科の在宅医療は、きちんと医療体制が整っているので大きな病院との連携や看護ステーションとしっかり連携が取れていて、年中無休で往診をしているため万が一の事態にも迅速に対応できるようになっています。また、伊丹の在宅医療では希望があれば子供だけではなく大人の患者でも快く治療を受け付けているので、要望があればかかりつけ医に相談してみましょう。子供の病気は放っておくと将来の生活にも影響を与えるので、健康的に子供を育てたいのなら、小児科で提供されているサービスを上手に利用しながら子供の病気と向き合っていきましょう。